データ復旧は時間との勝負だが成功の確率は高い

パソコンが壊れたら

初めてデジタルタコグラフを導入する時はまず会社情報を知るために無料で資料請求をすることもできます。まずは情報収集をしましょう。

パソコンはとてもデリケートな精密機器ですので、取り扱いには十分な注意を払う必要があります。発信元の不明な余計なフリーソフトを入れたり、無理な使い方をしたりすれば故障のリスクは高まりますので、分からないことを分からないまま行うのは避けた方がいいでしょう。またノートパソコンの場合は、持ち運びの際に衝撃に十分気をつけることも必要です。デスクトップパソコンの場合は、電源コードを誤って抜いてしまわないように注意しておきましょう。
ただそれでも、パソコンの故障というのは起きてしまうものです。絶対に故障しないパソコンというのはありません。
その際は、自分でなんとかできそうならそうした方がいいですが、上述のとおり「分からない」範囲にまで手を出そうとするとかえって悪化させてしまうこともありますので、注意が必要です。また、知人にパソコンに詳しい人がいれば、頼るのもいいでしょう。
最終的に考えておくべきなのは、修理業者へ修理を依頼するということです。
パソコンの修理業者はパソコンに関する専門的な知識を備えていますので、安心して修理を任せることができます。その際に壊れないようにする対策なども教えてもらえますので、壊れてしまったら、あるいは壊れてしまったかもしれないと思ったらすぐさま持っていく、という心構えでもいいでしょう。特に「壊れてしまったかもしれない」という感覚は大切で、あとから思い返すとあれは故障の予兆だった、と後悔するケースは意外と多くあります。
こういった修理業者は、業者によって技術力の差がどうしてもありますので、ランキングサイトを参考にして探しておくというのがひとつの手です。あるいは、すぐに持っていける場所にあることも重要ですので、近場で評判のいいところを探しておくのも大切です。


データが消えたら

パソコンのトラブルの代表的なもののひとつに、データの消失があります。これはハードディスクの異常が原因ですが、データ復旧は十分に可能ですので、諦めてはいけません。

クラウド管理を代行で任せればプロの仕事が利用できて安心です。ITのことについて専門の部門が無くても活用できます。

Read more


復旧の仕組み

なぜ一度消えてしまったデータのデータ復旧が可能なのでしょうか。それは消えたように見えて、実はハードディスク内にデータが残っているからです。HDだけでなく、サーバーのデータも救出することができます。

Read more


データを複製

データの消失がいつ起きても焦らないよう、消えるとまずいデータは複製しておくのが基本です。フラッシュメモリや外付けHDD、オンラインストレージなどを使ってバックアップを取るとデータ復旧の際に焦りません。

Read more

注意点

データが消えてしまったら、データ復旧の専門業者に修理を依頼すればいいですが、それまでの間にしてはいけないことがあります。また、できるだけ早急にパソコンを持っていくことが大切です。

ハイスペックな専用サーバや大容量のレンタルサーバを借りる事ができるコチラで不安定なサーバ状況を変えましょう。

Read more


その他の異常

データが消えてしまうトラブルはデータ復旧により解決することができますが、電源がつかなくなった、マウスが認識されなくなった、などパソコンのトラブルは他にもいろいろあります。

Read more


ケーススタディ

こんな場合にデータ復旧は成功する、という事例をいくつか紹介します。例えば、会社の共有サーバにあったデータが消えてしまったという場合にも、早急な対策によりサルベージすることができます。

Read more